My Brand New Season

~俺様の君を見ていたい~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

どんな君でも受け入れるよ 

 

ナゴヤドーム行ってきたよ。

初日レポいろいろ読んで、結構オカンムリで、
よっぽど「コントいらない!」ってうちわ作っていこうと思ってて、
ホントにテンション上がらなくてどうしようかと思ってたんだけど。




でもやっぱり生のきたやまくんを見ると、あー好きだなぁと思わされて帰ってきました(^^;

あ、挨拶忘れてましたね。
お久しぶりです。
相変わらずの緩め北山担です。

日曜日にナゴヤドームへ北山君に会いに行ってきました。
コンサート楽しかったよ!
セカンドコンをもっと洗練させた感じで、
衣装も結構お気にな感じが多いし、
なんといってもきたやまくんのビジュよかった( *´艸`)
いや、そこが一番重要だからっ。
これがいまいちだとテンション上がらないからね。

私的にかなり盛り上がったのはLuv SickからStrikerの流れの所。
この衣装のきたやまくんがかっこよくって、そしてStrikerのダンスがHIP HOP系ですごくかっこいいの。
次の大阪はここ気合い入れて見なくちゃ。

そして、一言いたかった、きたやまくんのソロですが・・・。

去年の段階で、もうみんなふざけんな的な気持ちだったわけだけど、
あれだけ言われてて、本人もまさか同じこと繰り返さないだろうと思ってたのに、え?
って感じだったからね。
もう2回目ともなるとふざけんなっ!!!ばかかっ!!!ってなるよね、さすがに。

北山君が目指すものと私が見たい北山君との違いにどうしたらいいのかわからなくなったし。

そんな気持ちできたやまくんのソロが始まって、

私、FORMって曲、かなり好きなの。
北山君の作った曲って、まだ3曲くらいしか知らないけど、
クリエで聞いた「今何ヲ思うの」とか「いつもありがとう」と今回のFORM。
皆きれいなメロディで私の好きなタイプの曲でね。
やっぱり好きな人の作った曲が自分的な好みの曲だっていうのは本当にうれしいことで。
しかもずっときたやまくんにはにしきどくんの様なROCKを歌ってほしいと思ってたんだけど、
そのにしきどくんの曲を彷彿させる曲で。
あーコンサート楽しみだなぁって思ってた。
生歌でじっくり聞かせてほしい気持ちはあるけど、
ミディアムテンポの曲だし、ドームだし、やっぱり踊ったほうが見栄えするし、かっこいいから
バック付けてガッツリ踊ってほしいなーと思ってた。

最初はすの4人つけて、かっこいいダンスしてて、
もうこの時点でなんだか色々涌いてきて、泣きそうになってきて、
こんなかっこいいのに、ばかっ!!って思ってたんだけど、

問題の一連のコントパート、私が入ったのが二日目だったせいか、
もうみんなちゅどーんっていうの待っててね、
目の前の小学生の子もみんなちゅどーんって言っててね、
あー、こうやって会場と一つになるのがきたやまくんは好きなんだなぁ…
こいうのやりたいんだな…
と、そんな風に感じて、

そして、バックステで待ってたすの達がみんなできたやまくんの事怒ってくれるわけだけど、
もうその言葉一つ一つが北山担が言いたいことを代弁してくれてる気がして、
そして、その言葉に対して、きたやまくんが弁解する姿を見てたら、
ファンの気持ちを分かってくれているのかな…って
いつかはまじめにやりますって言葉、
ファンに対してのアンサーなんだろうなって思えてきて、

もうね、ここで号泣してました。
だって、このコントの後すぐ下のバックステで踊るきたやまくんが、本当にカッコよくて。
もうその時は、やっぱりきたやまくんが大好きって気持ちしかなかったんだ。

まぁ、もちろん悔しい気持ちはあるけど
非常に残念だけど。



そんな感じです(^^;

次の大阪は2公演!
出来ればもっと近くで見れるといいなぁ!!

category: コン

tb: --   cm: 0

△top

入所日 

 

北山くん💛入所12周年おめでとう!!

4年前のGWは3日じゃなかったけど「8周年おめでとう」の団扇を見て微笑みながら手を振ってくれたよね。
そして2年前の大阪城ホでのコンサート「10周年おめでとう」の団扇を持って君に会いに行ったよ。
去年の入所日は残念ながらチケットが取れなくて(涙)
そして今年はコンサートがなかった…(涙)

でも一緒にいられなくても、遠くで君の入所日を今年もお祝いできてうれしいです。

君がジャニーズに入ったきっかけが山下君で、
私がジャニーズにハマったきっかけも山下君で(笑)

これも何かの縁だと思ってます(笑)

13年目も更なる飛躍をできますように!!

category: にっき

tb: --   cm: 0

△top

愛の唄を歌おう 

 

もう1週間も経っちゃったね。
愛唄が終わってから。

多くの北山担さんが愛唄ロストで魂抜けてる感じなんじゃないかなぁと思うこの頃です。

そういう私もやっぱり今回の舞台は終わっちゃうのが淋しくて淋しくて仕方なかったです。
それだけ幸せをもらえる自然と笑顔になれるほんとに素敵なミュージカルだったよね。

私が観たのは初日から続けての3公演、そして東京の千秋楽で、全部で4公演でした。
期間も短いし、4つも見れれば満足かなと思ってたんだけど、
蓋を開けてみればもっともっと見たくなってる自分がいました。
でも、これが正直限界というか、家族を置いて出かけることも、仕事を休むことも、
何よりチケット代+交通費を考えるとね、これが限界だったから仕方ないけど(;_;)

大阪もね、無理だとわかってても、行きたくなってる自分もいて、
特にきたやまくんの唄がどんどん成長を続けてるらしいとのレポの声が多くて、
ホントにそれだけでも聴きに行きたかった…。
DVD化だったり、サントラ発売だったり、そして再演の可能性も予定がないということでね…。

美男ですねの時もそうだったからね、あの時は普通にDVD化されると思って信じて疑わなかったから、
DVD化されないことになかなか納得できなかったりもしたけど、
今回は最初からそのことを念頭に入れておいたから、少しはショックも軽かったかな…でもやっぱり悲しいです。
ホントにあの素敵な世界をいつか忘れて行ってしまうこの記憶の中にだけしか留めておけないなんてね。


だからこそ、自分で感じた気持ちをこうやって形に残しておくことって大切。
ホントはもっと早く書きたかったんだけど。


そう4公演観たけど、全然飽きない舞台だったなぁ。

まず、最初に見た初日は、正直まだまだ皆固くて流れもちょっと悪くて、話の内容も展開が早すぎ…っていうのが
ちょっと気になる所だったんですが、

しかし、そのもやっとした部分を一気に吹き飛ばして、幸せな気持ちにさせてくれたのが、
小錦さんや天使たちとの真夜中の公演のシーン。

そして同級生たちが歌うGreen Daysのシーンから始まるクライマックス&フィナーレ。
あの同級生メンバーの歌声とその後の歩道橋でのヒロトの愛の唄、
出演者が素敵な歌とダンスを披露してくれるショータイム的な所を挟んでの
そして会場に登場する新郎新婦のヒロトと香織。

同級生が歌う愛の唄をBGMにゆっくりとステージに進む二人。
そして愛の唄の大サビを歌うヒロトと香織。
もう、ここの唄の説得力がすごくて、本当に素晴らしかった。

あと、出演者がみんなこの結婚式をすごく幸せそうに見てて、
そして、見てる私たちも、本当だったらちょっと辛いはずのきたやまくんのラブシーンも
なぜか「よかったね~ほんとによかったね~><」って幸せな気持ちで見てて、
それが会場中をHAPPYな場所に変えていて、

なんだろうね?上手く言葉にはできないんだけど、
それがこのミュージカルを愛してやまない素敵な公演にしてくれてたように感じます。

キャストの方がツイッターでつぶやいてくれてましたが、
客席からたくさんの素敵な笑顔をもらって、それがうれしかったと。

キャストと客席の笑顔のキャッチボールが素敵なお芝居にしてくれたんだなぁって、
そんな風に感じました。


きたやまくんも「愛をたくさんありがとう」ってあいさつで何回も言ってくれたよね。
愛をたくさんもらってる、そう思ってくれたのなら本当にうれしいなと。
ずっときたやまくんに感じてほしかったことだから。

キスマイでのコンサートではなかなかそういう雰囲気にならないから、
いつか、きたやまくんにも、きたやまくんを好きなファンに囲まれて幸せな気持ちになる
そんな現場でお仕事をしてもらいたい…そう願ってたんだけど、
今回のこの舞台は、本当にキャストやスタッフの皆さんに愛されて、
そしてファンも安心してきたやまくんを愛することができるそんな現場だったなぁと思います。

そして、北山担にとっても一番必要だったんじゃないかなぁって。
特にデビュー前からきたやまくんを好きだった人たちには、
デビュー後の色々は正直つらいことが多くて、
本当に折れそうになる時も多かったよね。

未だにデビュー当時のあれこれはトラウマだったりするし、
今も満足してるわけではないし、
でも愛唄で何よりもきたやまくんを信じてよかったって思えたこと、
これがすごくうれしいです。

おっきな山をちゃんと一つ一つ超えていける、
そんな力をちゃんと持ってるんだって。

そしてきたやまくんのファンじゃない人たちからも
沢山ほめてもらってるのをとても嬉しく感じました。
これが本当にうれしかった。
私はどっちかというと、辛口な方で、すべてOKだとはいつも思ってないし、
何でもかんでも褒めるっていうのができない性質なので、
客観的な目で見てしまう所が多いんだけど、

だからこそ、ファンじゃない人にもほめてもらえたのが嬉しかったし、
ほめるに値する実力を持ってることをちゃんときたやまくんが証明してくれた事が
本当にうれしかった。
そのための努力をしっかりしてくれてることも、忙しい毎日の中でも頑張ってることも。

本当に北山君を好きでよかったとそう思える
それが自分にとって、この愛の唄を歌おうというミュージカルが
特別なくらい大好きになった一番の理由かもしれません。





あ、感想とは全然違う方向に行ってしまいましたが(^_^;)


本当は他のキャストのみなさんのとかの感想を書こうと思ったのに。
話うまくまとめるの下手でダメですね(;^ω^)

うん、他のキャストの方の感想も是非書きたいので、
次のエントリ、頑張ります。

category: 舞台

tb: --   cm: 0

△top

大千秋楽おめでとう 

 

スタッフ&キャストの皆さん。
大千秋楽おめでとうございました。

あ~終わっちゃったんだね( ;∀;)
って、ホントに淋しい気持ちでいっぱい。

感想書きに来たかったんだけど、ネット復旧したのが先週の始め。
そして、その日にとてもショッキングなことがリアルで起きてしまって、
愛唄の幸せな世界に浸ることがしばらくできないでいました。
何となくもやもやしたまま1週間を過ごして、
でも週末くらいからいろんな方のレポを読ませてもらったりして、
どんどんと成長を続けてるきたやまくんと、そして素敵なカンパニーの事を思い出して、
遠くにいる私にも、どんどん幸せな気持ちが届いてきたよ。

色々書きたくて、今日は絶対に書こうと思ったのに、
あらやだ、こんな時間(笑)

多分書き始めたらものすごく長文になりそうだから、
明日も早いし、今日はごめんなさい(^_^;)

でも、これだけは今日中に書きたかったこと。

愛唄に関わったすべての方に感謝したい。
そして、キャストのみんなが大好きになりました。
ほんとにこれでみんなを見れなくなるのが一番切ないくらい。
どこかでまた応援していけたらうれしいです。



そして…。


北山君を好きで本当によかった…そう思った。

うん、いつもそう思ってるんだけど、
今回はいつにもましてそう思いました。

きたやまくんは自慢の自担さんです!!
大好き♡




では、感想は後日に!!
おやすみなさい。

category: 舞台

tb: --   cm: 0

△top

愛の唄をありがとう 

 

東京千秋楽 行ってきたました。

そうそう、その前に初日と2日目に3公演、そして昨日の東京公演の千秋楽で全部で4公演見させていただきました。

きたやまくんはじめ全キャストの皆さん、そしてスタッフの皆さん、千秋楽おめでとうございました。

とても素敵なお話だった。
とっても笑顔になれるそしてホロっとできる、そんな素敵なミュージカルでした。
唄が素晴らしかったなぁ、キャストの皆さんの。

と、そんな、感想がいっぱいあるんですが、
一昨日から家のネット回線がトラぶってて、自分のパソコンでネットで来ません(T_T)

なので、感想はネット復旧したら頑張って書く!!

ほんとはね、きたやまくんにお手紙持っていこうと思ったのにさ(オーブはお手紙受け取ってくれたので)
色々バタバタしちゃって、結局書けなかったので
せめてblogは頑張って書こうと思ったんですよね。

うん、週末あたりにはがんばろう←

だから、今日は一言だけ。

きたやまくん。

愛のこもった素敵な唄、本当にありがとう!!

category: 舞台

tb: --   cm: 0

△top

ドキドキな初日 

 

結局お正月中にはエントリーできなかった

今日から北山くんの舞台が始まりますね。
初日おめでとう
大阪の千秋楽まで、怪我やトラブルが無く公演できますように!

そして素敵な舞台に仕上がってる事を期待して、これから東京に向かいます。
今日、明日と3公演見る予定です。

北山くん、がんばってね

category: 携帯

tb: --   cm: 0

△top

あけましておめでとう…なんだけど2013年を振り返る 

 

あけましておめでとうございます。
2013年を振り返って久々に更新しようかと思ってたら、すっかり年越えてしまってた(^^;
ホント1年なんてあっという間だね。

今2008年~2009年のカウコン見てるw
帝劇で新年を迎えたんだよね、めちゃくちゃテンションの高い帝劇組面白かったなぁw

2013年も色々ありましたね~。
現場はホントに昔の半分以下に減りましたが、その代りTVとか追いつけないくらいにたくさん出てくれるようになったよね。

私の2013年の現場っていうと、

Good行くぜコンは 横アリが2公演。

スノドコンは 東京Dが1公演、京セラが2公演

ってことで、キスマイ関係は5公演だけでした。

後はNEWSの東京ドームと地元の山下君。

全部合わせても7公演だよー。
少ない( ;∀;)

まぁ、でもこのくらいがいいペースなのかもなぁと思わないこともないかも。


コンサート自体はね、楽しい部分とそうでない部分と、入り混じっていろいろ複雑だったなぁ。

これはホントにずーと言い続けるけど、衣装が嫌だった。
メンバーカラーを無視したカラー衣装ね。
なんであのカラーなの?

先日発売されたセブンイレブンのラッキーセブンっていうDVDでもこのカラーだったけど、
おかしいでしょ?
何?色変える気?

今年のカウコンも他ユニがみんなユニごとに揃った色の衣装なのに、キスマイだけわざわざあの色違い衣装で。
これ、沢山の人が見るこの番組でこの色衣装を押し出してくるって事は、誰かがメンバーカラー変えようとしてるんだなーって、そんな気がして、一気に萎えましたね。


だいたい、北山君は赤以外考えられないんだけど?
黄色い北山君とか、赤い太輔見るたびに違和感しか感じません。
これはさ、エビキスコンの時に、何となく決まったカラーだったとは思うけど、
でもずっとこのカラーをファンは意識して、自担カラーに愛着を持ってきたんだから、
事務所的な事情でいきなり色を変えるみたいなことはしないでほしいです。

もちろん、メンバーのイメージもあるかもしれないけど、
北山君は黄色キャラじゃないし(今はそういうポジションにしたいのかもしれないけど)
藤ヶ谷君は赤は似合わないし(どっちかというと青とか黒でしょ)

何よりずっとメンバーカラーを何年も愛でてきたファンの気持ちを踏みにじってるよね?
本当に私はこの2つのツアーはどうにもそのことが引っかかっていい部分もたくさんあったのに、
マイナスのイメージが強すぎてしまったことが残念です。

っていうか、最近の事務所の2分化とかね、そこにファンへの愛はあるのかい?っていう感じがして
ホント萎える。
今までずっとお世話になってきたり、絡んできた先輩たちとも、今では全然絡ませてもらえなかったりね。
デビューした時から、某女史班とか言われてたけど、それが本当に顕著になった1年だったなぁと思う。

いや、たくさんお世話にもなってるし、いい部分もたくさんあるんだけどね。
でも何かなぁ、大人の喧嘩に子供が巻き込まれてるみたいなね、なんか子供同士は仲良しなのに~みたいな。
そういう感じがけっこうするんですよね。

カウコンも紅白組が全然出てこなくて、なんかつまんなかったよね。
毎年の行事なんだから、そういう政治的なことでいろいろ変えられちゃうのは本当に嫌ですね。




と、2009年のカウコンを見ながらそんなことを感じました。
だって、嵐も∞もV6兄さんやTOKIOもみんないて楽しかったもん。
エビキスは滝様と一緒に帝劇だったけど、あれはあれで大盛り上がりだったし。

色んな先輩後輩混ざっててよかったよね。

あーこの年北山君歳男だったのになぁ。
残念ながらまだただのジュニアだったから、年男メンバーには呼ばれなかったんだよね><


あーなんだか、ネガティブな事ばっかりしか出てこなくなったので、
北山君のお仕事関係についてはまた別エントリーにしようかな。
お正月中に更新できるように頑張らないと、
北山君の舞台が始まっちゃうからね!

category: にっき

tb: --   cm: 1

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。