My Brand New Season

~俺様の君を見ていたい~

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

ずっと君だけみつめて。 

 

美男舞台、神奈川公演も明日で終わりですね。
残すは大阪と福岡。
なんだかあっという間ですね。

日曜日、横浜でキタヤマれんさんにあってきました。
赤坂の時よりも少し優しくて、そしてカッコイイれんさんでした。
あ~もっともっとれんさんに会いに行きたい・・・。
そう思ったけれど、私の美男舞台はここで終わりです。

始まる前はこんな舞台になんでキタヤマクンが…って思ってたんだよな~。
キタヤマクンがれんさんを演じるって言うのがどうしても嫌だった…。
いつまでえーえんじぇると美男っていうソフトにきすまいが巻き込まれなきゃいけないんだろうって。
あのプレッシャーの高い役をわざわざあのキャストでやらなくちゃいけないっていうこととか。
私の中ではネガティブな要素しか見つけられなくて。
この舞台はキタヤマクンの為になるんだろうかとか…利用されてるだけなんじゃないかとか。
まぁ、そんなひねくれた考えでいたんですよね。

でも今はほんとにこの舞台大好きになりました。
出てる役者さんもみんな好き。
素敵な舞台だった。
そして、ほんとに毎日進化してて、みんなが良くなる様にって毎日考えて変えていってる。
そんな所も大好きになりました。

ほんと、最初に見た12日はね、お芝居は面白いけどキタヤマクンを観にいくって言う意味では、
私の中であまりポイント高く感じなかったですよね。

ジュニア担として革命だったりの先輩舞台のバック姿を観にいってた頃。
高いチケット代だして、主演じゃない出番も一番じゃない、そんな舞台を何回も観にいく…。
でもそれはバックで踊ってる姿だったり、先輩をフォローする姿だったり、
そういう一つ一つにものすごいだいすきな瞬間があって、その瞬間の為に高いチケット代を払う事も全然平気だった。
そのくらいに自分的に満足できるシーンが沢山あったし、それはDVDとかでは見ることのできない
劇場のその場所でしか感じられないものだったから。

ぶちゃけ、この美男舞台のキタヤマクンにそういう瞬間を感じられる事が12日の時には少なかったんです。
もちろん全然無かった訳ではなかったんだけど、でも主演であれだけ出番があって、かっこよく見えるはずのキャラ設定なのになんかテンション上がらなくて。
私この舞台嫌いじゃないけど、すごく好きになれるのかしら…。
そんな風に思ってました。
それは次に見た赤坂楽の20日もそんなに大きく変わることが無く。

ただ、キャストの皆さんの楽しさとか、仲良さとかがすごく伝わってきて、
見る回数が増えるたびにお芝居自体はすごく好きになっていったんですけど。


横浜公演はね、最初は行くのためらってたんです。
ちょっと遠いしね。
でも1公演くらいは入らないとね、みたいなちょっと義務感みたいな感じでチケット取ったんですけど
うん、入ってよかったです。
この神奈川が無ければ私こんなにこの舞台好きにならなかったかも。
そして、最終的にはキタヤマクンのマジックにまた深くハマってしまったようですw
それくらいに舞台もキタヤマクンも進化してたんですよね。
そして、結局もう1公演増やして夜の部も入ってきちゃったんですけどねw
譲ってもらうはずのチケットドタキャンされて、こりゃおとなしく帰れって事だね、
って横浜まで戻った時にみやた担友からメール貰って、お陰で当日券で素敵な席に入れたんですよ
ほんとに教えてくれてありがとね!!


ということで、全部で5公演。
赤坂3公演、横浜2公演。
これで私の美男ですねは終わっちゃった訳ですけど、
うん、寂しいな…。
もっとキタヤマれんさんに会いに行きたい気持ちに駆られてます。
でも11月は行事も山盛りで忙しい…家族をないがしろにしすぎてはいけないので我慢です。

キタヤマクン、ちょっと離れてたキタヤマクンとれんさんの距離がどんどん近づいて、
今はとっても素敵なキタヤマれんさんになってきたなぁって感じてます。
大阪、福岡と、まだ舞台は続き、そして別のお仕事も沢山してて、
中々体を休める暇も無いかもしれないけど、とにかく喉と体調だけには気をつけて、
最後まで素敵なれんさんを演じてね。




追記から自分的メモです。
ネタバレ嫌な人は見ないでね。



赤坂公演
10月12日昼・2階前列センター
 同夜  ・1階前列下手
10月20日昼・1階中列下手

横浜公演
10月30日昼・2階後列センター
 同夜  ・1階中列センター下手寄り

○promise
12日は2階だったけど全然前だったし、しかもドセンだったんで、それなりにおいしかった。
特に最初にキタヤマクンが出てくるpromise。
キタヤマクンだけ2階ステージなんですね。
ちゃんと上のほう見てくれて、まぁ、いつもの双眼鏡マジックってやつですけどw
しかし、双眼鏡マジックでドキッとして途中で双眼鏡外しちゃったんだよね(^_^;)
横浜の昼も2階で後の方だったけど、またドセンでした。
この時も双眼鏡でガン見したけど(っていうか、双眼鏡無いとはっきり見えないよね、やっぱり遠い)
キタヤマクンサイド席のほうにもちゃんと視線配ってた。
私はこのpromiseの時のキタヤマクンが一番好きだったなぁ。
あの青い衣装がカッコいいのか、出だしだから髪形がピシッと決まっててカッコよかったからなのか。
12日の昼は結構前の方だったので近くでよく見えました。
ギターを弾きながらカッコつけて歌うキタヤマクンがね、カッコいいんですけど、これも回数こなれてく内に
自然なかっこよさになってたなぁ。
当たり前だけどこの時のウチ君もみやたくんも全然見れてませんw
横浜の夜はとても見やすい席だったんだけど、すごく前ってわけではないから私普通に双眼鏡使ったんだけど
周りが誰も使ってなくて焦りました(^_^;)
っていうか、キタヤマクンチラッとこっちの方見たから
きっとあの辺りで双眼鏡使ってる人私だけだったのかも…。
なんだかちょっと恥かしくなったよね


○みつきちゃんの賛美歌
ものすごく綺麗な声で素晴らしいです。
あと酔っ払ってるみおが屋上で手すりをもって下を向いてるシーン…ここのみおがなんだかすごく男っぽいのよね。
そういえば、横浜の昼の部はなんだかキタヤマクン笑ってた…ずっと後向いたままだった、誰かに笑わせられてた?w

○ダビテダンス
初見の時にこのシーンで笑顔で踊るキタヤマクンが可愛くて可愛くてすごくホッとしたシーン。
それまではクールなれんさんで笑顔がないからね。
このシーンはキタヤマクンの笑顔ってこんなに素敵で可愛いんだよね~ってニコニコしながら見てました。
ほんとにね、ほ~んとに可愛いんだよ。

○ヌンガポールの王様のシーン
最初このシーンにれんじゃなくてキタヤマクンが出てきちゃうのが気になってたんだよね。
でも横浜の2公演は気にならなくなってた、私が慣れたのかキタヤマクンの演技が変わったのか?
横浜昼ではキタヤマクンが殴られて死んじゃうシーン(回想)で最初目開いてるのに「死んだ」って言われて目を閉じてた。
そんな所まで見れるのは2階、3階の特権だよね。
死に顔も可愛かった、死体連れて帰りたい←違う
ここの馬渕さんとみこの掛け合い好き。

○指輪を返すシーン
これも回数増すに従って自然になってきた気がする。
横浜の夜のれんさんはなんか優しかったよ。
れんさんがみこに抱きつかれてる時に何故か咳が止まらなくなって苦しかった12日の昼公演…
別にやきもちやいて泣いてる訳じゃなくて、苦しくて泪目になってました…。

○女装
圧倒的にウチクンの勝ちだとおもいます。キタヤマクンの女装はかわいいっていうか…
最後の横浜夜はね、双眼鏡でずっとキタヤマクンの脛○を見てた私はやはりヘンタイでしょうか…。
キタヤマクン脛○濃いよね…うちの旦那26歳当時はあんなに毛生えて無かった…。

○着替え
横浜は着替える時Tシャツ脱がないことが多かったそうで…。
でも私の見た日は両部とも脱ぎました。
あ、でも昼の部は途中までしか脱がなかったかな?
夜はバッチリ脱いでくれて、どうだと言わんばかりに素敵な上半身晒してくださいました、あ~しあわせだからヘンタイ…

○まのちゃん
まのちゃんかわいい。まのちゃんの歌好き。
ねー、ちゃんと生歌であれだけ歌えるんだよ緩くだけど踊ってるし、やっぱりハロはその辺強いよね。
まのちゃんとしゅう勇気のアドリブ、30日はトリックオアトリートとまのちゃんがいうとウチクンがお菓子を上げるってパターン。夜の部はガリガリくんで、「ガリガリくん!?本物!やった~~~」って喜ぶまのちゃんが幼く感じて可愛かったですw

○ふたり
この歌が一番難しそうだったな。
promiseはアテ振りっぽくて、(多分コード押さえたりとかはちゃんとしてるんだけど音的には全然出てない感じ)だからパフォーマンスに集中出来るんだけど、この「ふたり」は音重ねてはいるけど多少弾いてる部分もある感じ?
キタヤマクンのギターはリフだけどあれって結構歌いながらって難しいんだよね。
で、一番声も出しづらそうだったのがこれ。
サビの部分、キー高そうには聞こえないんだけど何故か高音が出せず…。
喉の調子が悪いせいもあったかもだけど、とにかく歌いづらそうだった。
あとウチクンとのユニゾン、みつきちゃんとのハモリがもう全くズレまくっててすごく聞きづらかったの、赤坂では。
でも横浜ではそれも大分よくなってた。
夜の部の方がちょっと喉疲れてきたのか微妙にずれてたけど。
そうそう、この曲の終わりにレンガピックを投げるんだけど、最初より投げるの上手くなってた!!
30日ソワレは13列くらいまで届いてたよ、ピッって投げ方もかっこよくなってた(*´∇`*)

○みことれんの手紙のシーン
ここはもう初観の時から好きだったなー。
お母さんの読み方になるキタヤマクンの声がが優しくてだいすきなの。
そして1幕のクライマックスシーン、キタヤマクンがみつきちゃんを抱きしめるシーン!!ここでまたまた咳が出たのよ。
12日の1部と30日の夜。
なんでなんだろ?変な空気とか出てる?私の体が拒否してる??←違う
シーンとなったときに咳我慢するの辛いんですけど(>_<)
ほんと鼻炎が嫌!!



=2幕=

○プロモ撮影シーン
ここはやっぱりおかまメイクさんとの絡みだよねw
最初に見たときからコウキ似のおかまメイクさんがやたらとキタヤマクンに絡んでるの気になってたのね。
色んな小ネタ仕込んでたりしてw
赤坂楽の時はパタパタの代わりにゲルマニウムローラ-持ってきて、キタヤマクンがコロコロしてて可愛かった。
んで、カワイイまのちゃんとのお人形みたいなダンスシーン、ここではずっとまのちゃんとキタヤマクン見てるから、みこが豚鼻してるの全然気がつかなくて、何でカットになるのか意味が分ってなかったっていう…(^_^;)


○記者会見のシーン
キタヤマクンが上手の通路に下りて探してるの赤坂楽で知りました(^_^;)
今回ずっと2階センターと1階下手ばっかりだったから、ちゃんと見れてなくて、てっきり最前列の前しか下りてないって思ってた。
ウチクンとみやたくんは下手側に降りてきます。
今回ウチ君が近くを通ることが多かったな~。
30日の横浜ソワレでは横を通って、その後目の前も通ってったよ。
いい匂いがするってもっぱらの噂だったけど、ほんとに香水のいい匂いがしました。
シトラスとフローラルが混ざった爽やかで華やかな香りだったよ。


○社長に小言を言われるシーン
30日横浜ソワレでキタヤマクンがクッション抱いて顔をうずめてたの。この時の姿が可愛いっていうか、キュンキュンしたな。
その後で屋上にみおをなぐさめに行って豚鼻をしようとしたみおの腕を掴むれんさん…この時もキュン。
しゅーさんのオデコキスはね、サマになりすぎてて、私的にはきゅんとはしませんでした。
だって、あのタイミングで告られてキスとかされてもみこじゃなくても無理だw


○ダンスシーン
最初このダンスを見たとき、なんかカッコいいのか悪いのかよくわかんないダンスだな…と思ったのね
だって、あんまりにも動きが早くて、最近のキタヤマクンのダンスの傾向だけど、きびきびしすぎちゃってるし、まず振り付けがゴリラっぽくって…←スミマセン
私のなかでは怒れるゴリラダンスと名づけてました。
しかし回数重ねて見るうちに、このゴリラダンスのキタヤマクンがかっこよく見えてきたんだよね。
特に3人で踊るところはやっぱりキタヤマクンのターンはブレがなくてきれいだなぁって思って。
あと、みやたくんの踊ってる時に下手側で右手上げたポーズのまま動きとめてるんだけど、
その横顔のキタヤマクンがすごくきれいでいつもずっと見てた。
だからみやたくんのダンスは殆ど見れて無いです
一番記憶に残ってるのは30日のマチネ、2階からだったんで双眼鏡でガン見してたんだけど、踊ってるキタヤマクンに久々のナルが入ってて、すごくカッコよかった。
やっぱりキタヤマクンのダンスが好きだなぁ。

○ゆうきのうた
この歌すごく好き。この舞台の中で一番この歌が好きかも・・・。
みやたくんのアカペラも素敵です。伴奏が入ってくるとちょっと音程が怪しくなってくるけど、結構難しい歌だし仕方ないよね。初日辺りのレポでは声が出てないっていうのを目にしてたけど、私の入った回はちゃんと声出てたと思うな~。
器用さはないけど綺麗な声を生かした素直な歌声でした。

○しゅーさんのうた
もうろんろんうぇ~~~が強烈です。申し訳ないがこの歌は面白いとしか形容しようがない…
んで、バックコーラスの中に混ざってる院長様が可愛すぎる。
それにしてもウチクンて舞台向きの人だなぁってすごく思った。
よく通る声、そして生歌がすごく安定してて上手くなったよね(NEWS時代のCD聴いても上手いと思った事無かった)
舞台に映えるお化粧栄えのする綺麗な顔立ちにすらっとしたスタイル…。
もちろんTVでもOKでしょうけど、実は舞台にピッタリの人だよねと思いました。
色々あって表舞台から離れた時間は大きかったかもしれないけど、あのままだったらきっとこんな風に舞台の実力をつけることも無いままだったかも知れないなぁと…。
今のウチ君だったらとうまくんみたいに舞台からTVへどんどん進出できるかもしれないね。

○みおを捜すシーン
ここ、最初よりどんどんよくなってた。
言葉を発するタイミングとかため方とか。

○院長様との絡み
たかはしひとみさんがかわいい、そして羨ましい!!!
私もキタヤマクンにくっついてみたい!!
そして、このシーンでとても大事な事を言う院長様
悩みや悲しみが人を愛することから生まれるなんて素敵じゃない←うろ覚えなのでイメージです
そうだよな~、もっと苦しいことやどうにもならない悲しい事なんて世の中に沢山ある。
愛から生まれる寂しさとかってそのときは辛いけど、時が過ぎればいい思い出になるもんね…。


そしてラストのLiveシーンへ…。


前にも書いたけど、初見の12日の夜の部は6時半開演だったから、帰りの電車間に合わなくなる…ってことで、このシーンになる前の暗転してる時に席を立ったんです。
席が下手で通路真近だったので、キタヤマクンの客席登場の際に近くで見れる機会をみすみす逃してしまった…って言うのは結構ショックでした。

○まのちゃんとのシーン
ここの演技が大分変わってきてるっていうのはあちこちで見てて、そうだな、私も後半の演技の方がよかったと思う。
真剣に告白する女の子の言葉に笑うってあんま好きじゃないし。
まのちゃんのNANAはちょっとわがままだけど、私は全然嫌いじゃないなぁ。

○ALONE
この曲、ホントに弾いてるんだよね。
promiseはアテフリぽくて、ふたりは所々弾いてるけどBGM重ねてる感じ。
で、この曲はサビの前の所はホントに3人の演奏だけだと思う(ドラムだけは確証無いんだけど)
ドラムは簡単なリズムのみ、キタヤマクンのサイドはコード弾きのみ、ウチ君は簡単なアルペジオ…とみんなそんなに難しい事してるわけじゃないんだけど、でも演技だけでもきっと時間無くて大変だったと思うのに、それぞれのソロもあり、しかもこうやって楽器の練習もして…うん、すごいな~って思った。
まぁ、キタヤマクンと内君はそれぞれギターは経験あるからね、できるだろうけど、ドラムは叩けるようになるのって結構大変だと思うんだよね。
私的ラストの30日ソワレではキタヤマクンの指先ばっかり見てたの。
そしたら、歌い始める前にキタヤマクンがギターの電源スイッチ(マイクかな?)を入れた音と、その後コード押さえる左手が弦を弾いた音が聞こえてきて、あ~ホントにキタヤマクン弾いてるんだなぁって嬉しかった。
そしたらギターの音に集中しちゃってあんまり歌を聴けなかったって言うね…(^_^;)
私的に一番歌がよかったのは30日マチネだったな。
赤坂は絞り出すような声で歌うのも辛そうで聞いてる方も結構辛かった…。
喉のコンディションがいい時のキタヤマれんさんのこの曲をちゃんと聴いてみたいな。

あ、そうそう、Live前のれんさんのMC「ありがとう」の前の溜めがどんどん長くなってて、神奈川ではそれが堂々としてて面白かった。


○みおへの呼びかけ
最初のころは気持ち入りすぎて演技過剰になってたのが気になってしまってた。
私は男の人の泣くのがあまり好きじゃないから、できればこのシーンで泣かないで欲しいなと思ったり…。
少年たちでのラストで泣くのはストーリ的には全然ありなんだけど、恋愛事で泣く男は嫌なんだよね
だから、後半の演技の方が少しあっさりしてて私はそのほうが好きかな。
後、最後になって気がついたんだけど、「みおっ!!」って叫ぶ所…。
れんが名前呼ぶのを一度躊躇するんだよね、それってLiveを観に来たファンの気持ちを考えての行動なのかなって思ったり…。
私はどっちにしろドラマの中のお話って割り切ってるのであんまり気にした事ないんだけど、このシーンってヲタク的にはありえないでしょ?っていう人も多いし、確かにファンの目の前で彼女に告白ってまぁアイドルやアーティストとしてどうなの?って納得の行かない部分でもあると思う。
だから、れんさんがファンの気持ちを考えて一度呼ぶのを躊躇するって演技が、キタヤマクンのファンに対する気持ちの現われのような気がして私はなんか嬉しかったな。

○通路を抱きしめに行くシーン
私的ラスト、当日券が素敵な席を用意してくれました。
キタヤマクンが通る通路の隣だった!
何回もキタヤマクンの舞台見に行ってるからそれなりに通路で目の前を通るとか、通路近くとかは何回か経験あるんだけど、大体真っ暗闇だったり、あっという間に通り過ぎちゃってちゃんと顔を見たこと無いのね。
だから今回はぜったいキタヤマクンのヒゲと毛穴を拝んでやる!!って思ったんですけど←やはりヘンタイ
キタヤマクンがゆっくり私のほうへ近づいてきて、あーもうすぐ傍に来る!!って思った瞬間…ダッシュでみおの傍に行ってしまいました…。
それはそれは残像すら残さない程のすばやさで私の隣を通り過ぎてて…。
キタヤマクンたら、そんなに私にヒゲと毛穴を見られたくなかったのね…←違う
でも、匂いだけは嗅げた!!
ウチクンがいい匂いっていうのは前評判高かったんだけど、キタヤマクンの香りに付いてはいい匂い説と無臭説とに分かれてて、どっちなんだろうって気になってたの。
そしたら、確かにウチクンほど強いにおいじゃなかったけど、かすかにいい残り香がしたよ。
キタヤマクンの香りは私の好きな感じの少し甘い香り。
ムスク系か石鹸系かなぁ?ウチクンのシトラス系よりも私は好きな匂いでした。
みつきちゃんはあの香りに抱きしめられてるのね…羨ましい><
そして優しくみこをエスコートしながらステージに連れて行くキタヤマれんさん。
階段の上でのキスシーンは、多分ホントにはして無いんだろうけど。
右利きだから普通は右側からキスするほうがしやすくない?反対側からするのは客席に見えるようになのかな?
それともキタヤマクンはいつもあの方向からなのかなぁ←また変態的想像が…
まあ、キスシーンに付いてもラブシーンに付いても私は特に落ち込む事もきゅんとする事もありませんでした←

でも、それ以外にちゃんと私的キュンな瞬間が沢山見つけられて、やっぱりキタヤマクンが大好き!!ってなってよかったな。


カーテンコールでは毎度のように内君とラブラブなカップルぶり。
前から仲いいもんね。
腐的な意味で狙ってるとか、あの2人にはそういうの無いから。
ウチクンの悪ふざけな関西ノリだよね
でも見てて安心できるんだよな~。
今回色々助けてもらってる気がする。
ホントにありがと!!

category: 舞台

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。