My Brand New Season

~俺様の君を見ていたい~

遅くなりましたが・・・。 

 

すっかり日がたってしまったけど…


舞台 美男ですね 大千秋楽おめでとうございました。
無事終わってほんとに良かった。

某ツイッターでレポ待ちしてて、
色んなレポ読ませていただいて
前日からちょっと怪しかったみたいで
もしかしたら泣いちゃうかもね
なんて思ってたら
本当に大号泣とか。

キタヤマクンが割と涙もろいって言うのは
滝さま舞台の誕生日キティちゃん事件とか
後はメンバーが雑誌で話してくれたりとかで
知ってはいたんだけど、
実際に私がキタヤマクンの泪を見た事は一度もなくて。

エビキスコンの横アリラストのトロッコで泣いたとか
そういうのも目撃しなかったし、
プレゾンやFIRST紺、そしてでびゅ決定の瞬間
いつキタヤマクンの泪に遭遇出来るんだろうって
ずっと思ってたのに
なかったんだよね…今までは。

それなのに、大事な歌も歌えなくなるくらいの大号泣…。
いつも前向きな言葉しか吐かないキタヤマクンだけど
きっと胸の奥底には不安や戸惑いやプレッシャー、
色んなものを抱えてたんだと思います。

そして、そのプレッシャーを一緒になって背負ってくれた
この美男カンパニーのみんなとの最後の公演。
きっと感謝の気持ちと寂しさとそして一緒に素敵な時間を過ごせた事の喜びと。
そんな感情がどっと押し寄せてきて止まらなかったのかなぁ…
そんな風に感じました。

なんかね、すごく感謝したいきもちでいっぱいw
わたしゃキタヤマクンのお母さんか←
って感じなんだけど、
担当さんが幸せで満足いくお仕事を出来ることが一番幸せなんだなぁっと
あらためて感じました。


原作・ドラマ版ときて、舞台化。
正直あの長いお話をどうやって短い舞台にするんだろ?
と思った今回のお芝居。
思いっきりばっさばっさといらない所切り捨てて
素敵なラブコメな脚本を書いて、そしてキタヤマクンをたくさん怒ってくれた(かな?)演出家の福原さん。
まだまだひよっこな座長を支えてそして舞台を楽しくしようと毎回盛り上げてくれた
素敵なキャスト&ダンサーの皆さん。
カワイくて、頑張り屋なまのちゃん。
素敵な美声と驚くほどの演技力で魅了してくれたみつきちゃん。
大勢のスタッフの皆さん。

そして、だいすきな人を一番近くで支えてくれたうちくんと、みやっちに本当に感謝!!


この美男舞台で私が何気に一番好きなキャラクターがえーえんじぇるの追っかけの美咲なんですね。
彼女の「えーえんじぇるを好きになってから毎日が楽しくて、星空がこんなに綺麗だって言うことにも気付けて
とっても幸せっ」て言う台詞を聞くと、なんかヲタクの楽しさを代弁してくれてるような気がして。
そして彼女が写真週刊誌のカメラマンに言う一言「この写真には愛が無い」
愛ゆえにメンバーに彼女ができて悲しくてもおめでとうと大声で叫んで。
ほんと、ヲタクとして見習わなくちゃな素敵なヲタクでw

その他にもたくさん愛が散りばめられてるんだよね。
誰もが善いだけの人でも悪いだけの人でもなく、
善い所も悪い所もどっちも持っていて。
そして、役だけではなくて、それを演じてる役者さんの中身も透けて見えるような
とってもキュートでポップで楽しい舞台でした。

キタヤマクンの初座長舞台が
この舞台でよかったって
今は心から言えます

本当に大好きになりました。
ありがとうございました。


再演を…
って望むファンも多いけれど

私は再演は望んでなくて。

とっても素敵な思い出が沢山できたから
そっと胸の小箱に詰めて大事に取っておきたい…

そんな気持ちです。


でもできれば
素敵なオリジナル曲も沢山できたし、
BGMも素敵だったから
サントラを作ってくれたら
すごく嬉しいなぁ…。
まあ、ドラマ版の様な売上げは望めないでしょうけど(^_^;)

DVDは
期待しすぎないようにして
おとなしく待ってますw

category: ヒトリゴト

tb: --   cm: 0

△top

キミとの握手 

 

またまたお久しぶりです。

楽しいことがあったら書くって言いながら、
2ndシングルの事もスルーしててごめんなさい。
ラジオで聞いたけど、私はすごく好きですよ(^^)
元々ROCKがすきなので、骨太ROCK系な曲だなぁって好印象。
そして、キタヤマクンの歌声がカッコイイのが嬉しかったな。
ジュニアの頃とは違う歌い方出来るようになったね~。
こういうROCKっぽい曲きたやまくんに合ってるなって思ってたので嬉しかったです。

ただ、まぁ、パンチにかけるかな(^_^;)
ドラマ主題歌だったエビバデに比べると売上厳しいな…っと言うのは感じましたけどね。
昔からのきすまい担的にはまた熱血系??って思うだろうしね。
売上厳しかったら握手会でもしますかね~~???



そうそう、握手会…。







・・・・・・・・

行って無いですよ?

生憎そんなに簡単に行ける身分でも無いので。


この件に関しては、決まった時は複雑な思いもあるものの、
必要とされてるってことはいい事だし、
彼らのためにと言うわけではなく、
自分たちの為に頑張ってきて欲しいと願いました。

私はどちらかというと、
1位とか記録とかの為に複数買いしたりそういうの嫌いなんですけど。
でもまぁ、エリート中のエリートであるバレーユニのデビューCDだから、
2位では事務所的にダメなんだろうなっていうのは分るし、
彼らに罪は無いし、すごく頑張ってるのは分ってたし…。

だからこそ、そんな彼らにファン持ってかれないように、
逆に引っ張ってこれるように、気合い入れて頑張って欲しいな…
って思ってたんですけど…。





以下 今回の事で私が思った素直な気持ちです。

隠してあるのはまぁ察してください。

-- 続きを読む --

category: ヒトリゴト

tb: --   cm: 0

△top

ずっと君だけみつめて。 

 

美男舞台、神奈川公演も明日で終わりですね。
残すは大阪と福岡。
なんだかあっという間ですね。

日曜日、横浜でキタヤマれんさんにあってきました。
赤坂の時よりも少し優しくて、そしてカッコイイれんさんでした。
あ~もっともっとれんさんに会いに行きたい・・・。
そう思ったけれど、私の美男舞台はここで終わりです。

始まる前はこんな舞台になんでキタヤマクンが…って思ってたんだよな~。
キタヤマクンがれんさんを演じるって言うのがどうしても嫌だった…。
いつまでえーえんじぇると美男っていうソフトにきすまいが巻き込まれなきゃいけないんだろうって。
あのプレッシャーの高い役をわざわざあのキャストでやらなくちゃいけないっていうこととか。
私の中ではネガティブな要素しか見つけられなくて。
この舞台はキタヤマクンの為になるんだろうかとか…利用されてるだけなんじゃないかとか。
まぁ、そんなひねくれた考えでいたんですよね。

でも今はほんとにこの舞台大好きになりました。
出てる役者さんもみんな好き。
素敵な舞台だった。
そして、ほんとに毎日進化してて、みんなが良くなる様にって毎日考えて変えていってる。
そんな所も大好きになりました。

ほんと、最初に見た12日はね、お芝居は面白いけどキタヤマクンを観にいくって言う意味では、
私の中であまりポイント高く感じなかったですよね。

ジュニア担として革命だったりの先輩舞台のバック姿を観にいってた頃。
高いチケット代だして、主演じゃない出番も一番じゃない、そんな舞台を何回も観にいく…。
でもそれはバックで踊ってる姿だったり、先輩をフォローする姿だったり、
そういう一つ一つにものすごいだいすきな瞬間があって、その瞬間の為に高いチケット代を払う事も全然平気だった。
そのくらいに自分的に満足できるシーンが沢山あったし、それはDVDとかでは見ることのできない
劇場のその場所でしか感じられないものだったから。

ぶちゃけ、この美男舞台のキタヤマクンにそういう瞬間を感じられる事が12日の時には少なかったんです。
もちろん全然無かった訳ではなかったんだけど、でも主演であれだけ出番があって、かっこよく見えるはずのキャラ設定なのになんかテンション上がらなくて。
私この舞台嫌いじゃないけど、すごく好きになれるのかしら…。
そんな風に思ってました。
それは次に見た赤坂楽の20日もそんなに大きく変わることが無く。

ただ、キャストの皆さんの楽しさとか、仲良さとかがすごく伝わってきて、
見る回数が増えるたびにお芝居自体はすごく好きになっていったんですけど。


横浜公演はね、最初は行くのためらってたんです。
ちょっと遠いしね。
でも1公演くらいは入らないとね、みたいなちょっと義務感みたいな感じでチケット取ったんですけど
うん、入ってよかったです。
この神奈川が無ければ私こんなにこの舞台好きにならなかったかも。
そして、最終的にはキタヤマクンのマジックにまた深くハマってしまったようですw
それくらいに舞台もキタヤマクンも進化してたんですよね。
そして、結局もう1公演増やして夜の部も入ってきちゃったんですけどねw
譲ってもらうはずのチケットドタキャンされて、こりゃおとなしく帰れって事だね、
って横浜まで戻った時にみやた担友からメール貰って、お陰で当日券で素敵な席に入れたんですよ
ほんとに教えてくれてありがとね!!


ということで、全部で5公演。
赤坂3公演、横浜2公演。
これで私の美男ですねは終わっちゃった訳ですけど、
うん、寂しいな…。
もっとキタヤマれんさんに会いに行きたい気持ちに駆られてます。
でも11月は行事も山盛りで忙しい…家族をないがしろにしすぎてはいけないので我慢です。

キタヤマクン、ちょっと離れてたキタヤマクンとれんさんの距離がどんどん近づいて、
今はとっても素敵なキタヤマれんさんになってきたなぁって感じてます。
大阪、福岡と、まだ舞台は続き、そして別のお仕事も沢山してて、
中々体を休める暇も無いかもしれないけど、とにかく喉と体調だけには気をつけて、
最後まで素敵なれんさんを演じてね。




追記から自分的メモです。
ネタバレ嫌な人は見ないでね。



-- 続きを読む --

category: 舞台

tb: --   cm: 0

△top